2013年12月01日

茶葉旅 Vol.8 [Dec. 2013]

「61年の歴史に幕。紅茶屋の聖地、ムジカ」

 それはちょっとした事件でした。日本で初めてティーポットで本格的な紅茶を提供した、紅茶屋の聖地とも言える「ティーハウス・ムジカ」が、大阪・堂島での61年間の営業に終止符を打ち、日本中の紅茶ファンに惜しまれつつ、今年9月25日に閉店したのです。
 店主の堀江敏樹さんは、並々ならぬ情熱で、自ら産地に足を運んで高品質の茶葉を自家輸入し、これを長年にわたって良心的な価格で提供・販売し続けてきました。”大衆紅茶屋”を自認し、家庭の普段の生活のなかに紅茶を根付かせてきた、誰もが認める紅茶界の第一人者です。
 僕が初めてムジカを訪れたのは、大阪に住んでいた高校生のころ。初めて見る回転式茶こしにオロオロしながら、見よう見まねでティーポットの扱いを覚えたものです。僕にとって紅茶の原点の場所であり、その後も大阪に行くたびに必ず訪れる場所でした。そんなムジカがもう堂島にないなんて!
 紅茶を広める立場になったいま、僕は「紅茶は難しくない。ティーポットに熱湯を注いで蒸らすだけ。番茶感覚で毎日、カブガブ飲んでほしい」と力説しています。これって堀江さんの受け売り。堂島にムジカがなくなっても、堀江さんの紅茶イズムは、全国津々浦々に受け継がれているのです。

◇旅先/大阪市北区・堂島
◇紹介店/Tea House MUSICA(ティーハウス・ムジカ)
 ※2013年11月以降、下記にて茶葉販売を継続
 兵庫県芦屋市精道町10-7 矢島ハイツ1F TEL.0797-35-7727

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。