2014年06月01日

茶葉旅 Vol.14 [Jun. 2014]

「やすらぎの和空間で茶農家の荒茶を堪能!」

 埼玉県の県庁所在地、浦和の旧中仙道沿いにある閑静な住宅街にひっそりとたたずむ日本家屋。隣接する老舗「青山茶舗」の納屋を改装し、1階を日本茶喫茶に、2階をギャラリーに仕立て直した「楽風(らふ)」。
 土壁と木の温もりが漂うやすらぎ空間で、茶舗の新鮮なお茶が味わえるとあって、大のお気に入りのお店です。日本茶メニューは約10種。ここで僕がオーダーするのは、決まっていつも”荒茶(あらちゃ)”というお茶。
 荒茶とは、一般に茶農家が製茶したお茶のことで、問屋に出荷され、仕上げ加工される前の原料茶を指します。茶葉の選別がなされていないので、荒茶には大小の茶葉以外に芽や茎の部分、粉なども混じります。そのため形状は不揃いですが、その茶畑でとれたままの、茶葉のすべてが詰まった貴重なお茶ということもできます。
 市場に出回る製品茶は、選別したあと、まだ水分の多い荒茶に火入れ作業を施して保存性を高めるとともに、お茶の良い香りを引き出すための火香(ひか)付けを行います。安定した品質と供給量を維持するため、産地や品種の違う茶葉もブレンドされます。
 本来、茶農家しか飲むことが出来ない荒茶。普通のお茶より生の状態に近いため、青く若々しい、ノンブレンドの個性ある風味を楽しむことができます。荒茶を見かけた際には、ぜひお試しあれ!

◇旅先/埼玉・さいたま市
◇紹介店/日本茶喫茶・ギャラリー:楽風(らふ)

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2014年05月01日

茶葉旅 Vol.13 [May 2014]

「きらめく茶の香りに芭蕉も唸った?!」

 いよいよ新茶の季節到来!街中でも「新茶」ののぼりが目立ってきました。立春から数えて88日目に当たる八十八夜(今年は5月2日)を中心に、日本各地の茶産地で茶摘みが行われています。年の最初に摘み取られる一番茶には、秋から冬の間にたっぷりと蓄えられた養分が、みずみずしい新芽と若葉に凝縮されています。新緑のさわやかで清々しい香りと、トロッとした甘みが楽しめる、まさに旬の時期だけのおいしさ!
 かの俳人、松尾芭蕉も1694年(元禄7年)5月に静岡で、「駿河路や花橘(はなたちばな)も茶の匂(にほ)ひ」と、香り高い橘の花でさえ茶の匂いにはかなわないという名句を詠み、当時の茶どころから漂う特上の新茶の香りを描写しています。
 さて、世界の紅茶にも旬があります。この年間で最も品質の高い紅茶ができる時期をクオリティーシーズンといいます。各国の気候・風土によって異なりますが、たとえば”紅茶のシャンパン”と称されるインド・ダージリンは、3〜4月(ファーストフラッシュ)、5〜6月(セカンドフラッシュ)、10〜11月(オータムナル)と年3回の旬があり、スリランカの高級茶ウバは8〜9月、ディンブラ、ヌワラエリヤは2〜3月が旬といった具合です。芭蕉なら紅茶の香りをどう表現したのか、なんて、想像が膨らみます…。

◇旅先/埼玉・入間市
◇紹介施設/入間市博物館ALIT(アリット)
 狭山茶の主産地にある、茶がメインテーマの博物館。レストランでお茶料理も楽しめます。

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2014年04月01日

茶葉旅 Vol.12 [Apr. 2014]

「世界唯一の幻の珍茶”碁石茶”を訪ねて」

 パンやチーズ、みそ、しょうゆなどと同じく、発酵菌の作用によって作られる世界的にもたいへん珍しい幻のお茶、それが高知・大豊町の山奥で受け継がれてきた”碁石茶”。およそ400年前から伝わる秘伝の製法などを、生産者の小笠原章富さんに尋ねました。
 作り方は、肉厚な葉に育つ7月ごろの茶葉を刈り取り、蒸した後、土間に1週間ほど寝かせてカビ付けし、次に専用桶に漬物と同じ要領で数週間漬け込んで乳酸発酵させます。この茶葉を切り出し、3〜4センチ角に裁断し、3日間ほど天日乾燥させれば完成です。このとき、むしろに並べた茶葉が黒い碁石のように見えることから、”碁石茶”と呼ばれるようになったのです。
 古くは茶がゆ用として瀬戸内地方を中心に出荷され、山地で貴重な塩と交換されてきた特産品でしたが、時代の流れとともに生産量は激減、一時は生産者が小笠原家だけになってしまったことも。小笠原家の伝承努力により、いまでは生産者も少しずつ増えてきましたが、製茶に約2カ月もの時間と手間がかかる、生産の難しい希少なお茶であることに変わりはありません。
 クセになる甘酸っぱい自然豊かな風味を口のなかで噛み締めながら、途絶えたら二度と復活できない碁石茶の伝統の灯は、決して絶やしてはならない、と強く思うのでした…。

◇旅先/高知・大豊町
◇紹介店/大豊町碁石茶協同組合
 碁石茶は胃腸に良い乳酸菌がたっぷり含まれ、健康飲料としても注目を浴びています。

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2014年03月01日

茶葉旅 Vol.11 [Mar. 2014]

「チャイ文化の根づく街、大阪」

 インドが本場の煮出し式ミルクティー、”チャイ”。では、日本のチャイ屋のルーツは?
 じつは大阪にあります。遡ること約40年。まだ未知の国だったインドで出会った紅茶に魅せられ、チャイをメニュー化した「伽奈泥庵(カナディアン)」。そして同時期に開業し、試行錯誤して理想のレシピを作り上げた「カンテ・グランデ」。チャイ屋のレジェンドであるこの両店に、シナモン・チャイで一躍脚光を浴びた「ティーハウス・ムジカ」も加わり、いつしかチャイは、大阪になくてはならない日常の飲み物として根付いていくのです。
 大阪のどこのお店でも飲めるチャイ。「チャイ工房」をはじめ、チャイ専門店も数多くあり、大阪に行く友人に、僕は必ず「チャイを飲んできて!」と勧めるほど。大阪はまさに、チャイ屋の”聖地”なのです。
 えっ、チャイが飲みたくなってきた?そんなあなたへ、お家で簡単にできるおいしい作り方をお教えしましょう。

◆ティーバッグで作る簡単チャイ(2杯分)
<材料>
リプトン・イエローラベルティーバッグ4個、水道水200ml、牛乳200ml
<作り方>
1.手鍋に水とティーバッグを入れ中火にかける。
2.沸騰したら牛乳を入れかきまぜる。
3.再び沸騰してきたら火を止める。
4.カップに注いで出来上がり。

◇旅先/チャイ編A(大阪・大阪市)
◇紹介店/伽奈泥庵(カナディアン)、カンテ・グランデ中津本店、チャイ工房

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2014年02月01日

茶葉旅 Vol.10 [Feb. 2014]

「ロイヤルミルクティーとチャイ」

 寒い冬になると飲みたくなる、からだがホッと温まる”ロイヤルミルクティー”。一般に手鍋で煮出して作る、牛乳をたっぷり使ったミルクティーのことを言います。じつは、ロイヤルミルクティーという言葉は、紅茶の本場イギリスの王室をイメージしてできた和製英語。外国では通じません。イギリスでは、煮出し式ミルクティーのことを”インディアンミルクティー”と呼びます。それはこの作り方がインドから伝わったからです。
 インドは、生産量、消費量ともに世界一の紅茶大国です。日常的に紅茶をたくさん飲みますが、最もポピュラーな飲み方が、この紅茶と牛乳を煮出すという方法。これをインドでは”チャイ”(Chai=本来は茶の意味)と呼んでいることから、日本でも現地に倣い、チャイと呼ぶことが増えてきました。
 オッと、本場インドのチャイにはスパイスが入ります。シナモン、クローブ、ナツメグ、カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャーなどをミックスして、マサラ(ミックススパイスの意味)チャイにし、砂糖もたくさん入れて、家や路上で毎日何杯も飲むのです。
 チャイは、牛乳たっぷりの栄養効果と、紅茶とスパイスの薬理効果が相まって、エネルギー補給に最適な飲み物です。アツアツのチャイでからだをポカポカさせながら、寒い冬を乗り切りましょう!

◇旅先/チャイ編@(埼玉・東松山市)
◇紹介店/CAFÉトワトワト
 古くからあるモノを大切に扱う自然派カフェ。昔ながらの風情ある商店街の一角にあります。

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2014年01月01日

茶葉旅 Vol.9 [Jan. 2014]

「いま鹿児島産の紅茶が熱い!」

 “べにふうき、べにひかり、べにほまれ…”。これみんな日本の紅茶品種の名称です。先日、開いた和紅茶(国産紅茶)セミナーで、とりわけ人気が高かったのが、これら紅茶品種を用いた鹿児島産の紅茶でした。
 全国400カ所以上で作られ、いまちょっとしたトレンドになっている和紅茶。国内消費のほぼ100%を輸入に頼っている紅茶ですが、明治時代には国策として紅茶生産が奨励され、1960年代までは逆に海外に輸出されていました。なかでも鹿児島は、温暖な気候や風土、地理的要件が最も紅茶作りに適していることから、古くから日本の紅茶研究・生産のメッカだったのです。
 セミナーでは、全国から選りすぐった10数種の和紅茶をブラインドで飲み比べ、参加者に採点・評価してもらいました。その結果、上位を独占したのが鹿児島産の紅茶。外国産に負けない力強い味わいはミルクとの相性も抜群。その実力は、紅茶の本場、イギリスの国際食品コンテスト「グレート・テイスト・アワード」で、日本初の最高賞(三つ星金賞)を受賞(「姫ふうき」/瀬戸茶生産組合)するなど折り紙つき。
 静岡に次いで日本第2位の生産量を誇る鹿児島は、緑茶だけでなく、紅茶もおいしい、いま要注目の茶どころなのです。

◇旅先/鹿児島・枕崎市
◇紹介店/枕崎紅茶製造:瀬戸茶生産組合
 有機栽培した茶葉を手摘みして作る本格紅茶。理事長の茅野薫さんが往年の銘茶を復活させた。

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2013年12月01日

茶葉旅 Vol.8 [Dec. 2013]

「61年の歴史に幕。紅茶屋の聖地、ムジカ」

 それはちょっとした事件でした。日本で初めてティーポットで本格的な紅茶を提供した、紅茶屋の聖地とも言える「ティーハウス・ムジカ」が、大阪・堂島での61年間の営業に終止符を打ち、日本中の紅茶ファンに惜しまれつつ、今年9月25日に閉店したのです。
 店主の堀江敏樹さんは、並々ならぬ情熱で、自ら産地に足を運んで高品質の茶葉を自家輸入し、これを長年にわたって良心的な価格で提供・販売し続けてきました。”大衆紅茶屋”を自認し、家庭の普段の生活のなかに紅茶を根付かせてきた、誰もが認める紅茶界の第一人者です。
 僕が初めてムジカを訪れたのは、大阪に住んでいた高校生のころ。初めて見る回転式茶こしにオロオロしながら、見よう見まねでティーポットの扱いを覚えたものです。僕にとって紅茶の原点の場所であり、その後も大阪に行くたびに必ず訪れる場所でした。そんなムジカがもう堂島にないなんて!
 紅茶を広める立場になったいま、僕は「紅茶は難しくない。ティーポットに熱湯を注いで蒸らすだけ。番茶感覚で毎日、カブガブ飲んでほしい」と力説しています。これって堀江さんの受け売り。堂島にムジカがなくなっても、堀江さんの紅茶イズムは、全国津々浦々に受け継がれているのです。

◇旅先/大阪市北区・堂島
◇紹介店/Tea House MUSICA(ティーハウス・ムジカ)
 ※2013年11月以降、下記にて茶葉販売を継続
 兵庫県芦屋市精道町10-7 矢島ハイツ1F TEL.0797-35-7727

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2013年11月01日

茶葉旅 Vol.7 [Nov. 2013]

「紅茶だけじゃないスリランカとの関係」

 “インド洋の真珠”と称えられる、自然の恵みあふれる美しき島国、スリランカ。なかでも、最大の輸出品目である紅茶は、人々の喉と、国の経済をも潤し、スリランカ人の生活を支えてきました。
 そんな、スリランカが大の親日国であることはあまり知られていません。日本が最大のODA(政府開発援助)供与国であること、同じアジアの仏教国であることなどの理由から、日本人への接し方はとても親切で友好的です。
 じつは、日本の援助には、ある歴史的事実が関係しています。第二次世界大戦後のサンフランシスコ講和会議で、イギリスの植民地として旧日本軍の爆撃を受けたスリランカは、「憎悪は憎悪によって止むことなく、愛によって止む」という仏陀の言葉を引用して、対日賠償請求を放棄し、日本の真の独立を求め、実現させたのです。それ以来、両国は強い絆で結ばれ、親密な関係を続けています。
 日本の紅茶輸入量の約6割はスリランカ産。3杯のうちおよそ2杯の背景には、こうした事実が隠されているのです。旅行者に対しても、援助を受けている恩を返そうと接してくれるスリランカの人々。僕がセイロン(スリランカ)ティーを愛して止まないのも、そんなところに理由があるのかもしれません。

◇旅先/スリランカ・そのB
◇スリランカ・データ
 面積:6万5607㎢(北海道の約8割)
 人口:約2033万人
 首都:スリジャヤワルダナプラコッテ
 直行便:成田コロンボ(約9時間)

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2013年10月01日

茶葉旅 Vol.6 [Oct. 2013]

「紅茶ができるまで 〜The Journey from Leaf to Cup」

 スリランカの製茶工場の朝は早い。夜が明け、眠たい目をこすりながら、標高約1800メートルの高地にある、高級茶産地・ヌワラエリア随一の名園、ペドロ茶園へ。
 前日に茶摘み婦によって、手摘みされた生葉は、一晩かけて、香りを発揚させる萎凋(生葉をしおらせて水分を約半分にする)を行い、朝から揉捻機にかけて茶葉を揉み、発酵を促します。そして、適宜な発酵が済んだ茶葉は、乾燥機で熱風乾燥し、原茶となる荒茶が完成。仕上げに茶葉の形状・サイズ別にグレード分けを行い梱包します。ここまでが茶園の仕事です。
 製茶された茶葉は、この後、同国の中心都市・コロンボでティー・オークションにかけられます。大手紅茶メーカーの場合、落札した茶葉は、熟練したティー・テイスターによって鑑定され、ブレンドされた後、パッケージングされ、製品となって市場に流通するのです。
 茶園から、オークション会場、紅茶メーカーのテイスティング・ルームまで、すべてを見てまわることができ大満足!とくに、濃く淹れた茶液を口に含み、わずか1〜2秒で、何サンプルも続けて鑑定していくテイスターのスゴ技に、完全に脱帽の僕なのでした…。

◇旅先/スリランカ・そのA
◇紹介茶園:Pedro Tea Estate(Nuwara Eliya)

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅

2013年09月01日

茶葉旅 Vol.5 [Sep. 2013]

「茶園に囲まれた、紅茶尽くしの絶景ホテル!」

 現地シンハラ語で”光り輝く島”という意味をもつ、世界第3位の紅茶生産国(輸出量は世界一)、スリランカ。イギリス領時代からセイロンティーの名で親しまれ、日本でも馴染み深い紅茶大国です。じつは日本の紅茶輸入量の約6割がスリランカ産。毎日何杯もガブガブ飲んでいる僕なんて、もうセイロンティーなしの生活なんて考えられません…。
 そんなスリランカに個人ツアーで行ったときのこと。どうしても泊まりたいと現地エージェントに駄々をこねて宿泊したのが、紅茶工場をリノベーションしたコロニアル様式の四つ星ホテル、その名も「The Tea Factory」。スリランカで最も高地にある高級茶産地、ヌワラエリヤからほど近く、見渡すかぎりの茶畑のなかに鎮座するかのようにたたずむ様は、言葉では言い表せないほどの美しさ。館内には製茶機械・器具がインテリアとしてあちこちに残されていて趣もたっぷり。敷地内の茶畑で摘んだ茶葉を紅茶にしてくれるサービスだってあります。
 この空間にいつまでも浸っていたい。けれど、明日は早朝から予定がびっしり。なのに、客室のティーセットで夜な夜な紅茶談義は深夜2時過ぎまで続き…、もう2時間しか眠れない…。(次号に続く)

◇旅先/スリランカ・その@
◇紹介ホテル:Heritance Tea Factory(Kandapola, Nuwara Eliya)

文/青木寿彦
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本茶業中央会認定日本茶インストラクター
中華人民共和国政府公認茶藝師
posted by cct at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉旅
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。